私はバイク乗りです。
正確には「だった」 というべきでしょうか。
以前乗っていたバイクはsuzukiのhayabusa1300Rというもの
2012_Suzuki_Hayabusa_Black-performance
排気量1300cc市販車で時速300km出るというその世界では一世を風靡した化け物でした。
ちょっと重量がありキビキビと扱い辛いのが難点でしたが好みでした。
なかなか面白かったのですがだんだんと疎遠になり車体価格を上回る金額手を加えたバイクを手放してはやどれぐらいのときが流れたのか・・・。

でもねぇ、好きなんですね。怖い思いもいっぱいするし、自分自身の技術不足による危険な事はまだしも、一般道での一般車の車線変更に巻き込まれそうになったり、急に止まれないバイクの前に入り込んでくる車を避けて転ぶか、むかつくからぶつかってやろうか!という一瞬の判断に迫られたり。
夏は灼熱、エンジンからまきあがる熱風でもう悲惨。雨だとずぶぬれ、冬は死ぬほど寒いし、風で転びそうになるし、道路のマンホールや白線は滑るし、肩こるし腰痛いし疲れるし・・。
………..うーむ
まぁ、いろいろあるけど・・・。

風と一体になって走るとかそんなかっこいい事じゃないんだけど。

純粋に楽しくて、わくわく出来る。
やっぱり乗りたいなってずっと思ってた。
そう思い始めるともうだめだ・・。

んで、買っちゃった。Ducati1198s イタリアの高級車♪

s2
上2枚とも写真はネットにころがってる物です。

私の元にやってきたのは去年の年末(2012年)
フランスに行くちょっと前

冬は基本的に乗りません。寒い。凍っちゃう。
でもそこにバイクがある。ちょっとだけ乗ってみた。

今まで乗っていた隼とは全く異質でレースのために産まれてきたスーパースポーツの1198s
エンジン特性もクラッチも全くの別物。正直ちょっと怖いなって思ってた。

でもまたがってしまうとダメです。
エンジンの鼓動が伝わってくる。
乾式クラッチ特有のシャリシャリした音とテルミマフラーの排気音、しびれる振動。
全身に鼓動を感じる。
私の中の何かのスイッチが入ったのが分かった
走りたいと唸るこいつを止めることなんて私に出来るはずはないのだ。

うおー!とつげきぃー!

ズテーン ・・・・

・・・

・・

転んだー!

私の初1198sは10mでした。

IMG_0786

左手小指骨折
右肩が痛い
左ひざ打撲

1198sは私を受け入れてはくれていなかったようです。

冬のヨーロッパを骨折のおかげで上着が着れず
羽織るだけという強行で巡るしかなかったのです。 寒いよ!
IMG_0935
エッフェル塔を

IMG_3417
凱旋門

今まで通り世界中に行っていろんな景色見たり体験したりして
色々紹介していくのですが、こいつと一緒に日本国内もめぐろうかな?って・・・。
日本も色々紹介していきたいと思います。


同カテゴリーの記事Related Posts